自己紹介

ABOUT

初めまして、折り紙デザイナーのコーキです!

ここでは折り紙や紙にまつわる情報を発信していくページです。

デジタルトランスフォーメーションの波が押し寄せる中、紙も電子ペーパーなどにより減りつつあるようです。

そして近年では折り紙のすばらしさが教育、工学、リハビリ、アートなどの分野で世界で可能性が認識される一方で、日本では折り紙の認知が低い現状があります。

僕は4歳の頃に折り紙と出会い、今に至るまでの20数年間続けてきました。ここまで僕が人生のほとんどの時間を注ぎ込んだ折り紙。そして紙という素材にはきっと深い魅力がある。そう思っています。

ここに載せているのは僕の創作折り紙だけでなく、世界中の折り紙作家、そして世界中の紙素材など楽しい、かっこいい、そして美しい折り紙です。

「折り紙なんて興味ないよ!」

そんな方もこのページを見て「折り紙って面白い」そう少しでも感じてもらえればと思っています。

みんな、折り紙しようぜ!

経歴

  • 香川県宇多津町出身’95年平成7年生まれ
  • 4歳頃に折り紙と出会い小学校の図書館で偶然折り紙界の名著「ビバ!おりがみ」を見つけ、折り紙の凄まじい可能性に衝撃を受け以後複雑な作品に挑戦し続ける
  • 中学、高校はバスケットボールや受験勉強で折り紙をできず6年間はブランク。
  • 大学ではロボット工学を専攻。
  • 大学入学後折り紙を再開。作品を見せた時に言われた「この作品を折った君も凄いけど考えた人もっと凄いね」の知人の一言に火が付き創作折り紙に必要な理論などを独学で勉強。

以後世界にない作品を生み出し人に喜んでもらえることに楽しさを感じ折り紙と向き合い続ける。

2018年福井県千年未来工藝祭にて折り紙パフォーマーとして日本三大和紙の2mの越前和紙で巨大恐竜ジオラマを制作

2019年石川県金沢市の教育団体とのコラボ作品を制作。NHKおはよう日本にて取り上げられる

2020年ロンドンに作品が展示。同時に入場者数世界5位のテートギャラリー前にて路上パフォーマンスを実施

同年に新卒で入社した会社を1年で退職。折り紙作家として独立。

2021年

コロナショックに苦しみながらも浜松市を中心に世界で活動中

タイトルとURLをコピーしました